HOME > BUYING > 服を断捨離するには売る!?捨てる!?4つの方法でカンタン解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.08.18(Fri) BUYING

服を断捨離するには売る!?捨てる!?4つの方法でカンタン解決!

年末の大掃除や久しぶりに開けたクローゼットを確認すると、衣類が山積みになっているなんて経験は誰にでもあります。

問題なのは、どの衣類が自分にとって不必要か必要なのかわからないこと。

すでに世間に認知されてから数年が経過する「断捨離」という概念ですが、複雑な印象を受ける言葉だと思います。

しかし、難しく受け止める必要はなく、シンプルに解釈することで誰でも断捨離を実践可能です。

このページでは、過去に買ったものの現在は着ることのなくなった洋服における断捨離術について紹介していきます。

そもそも断捨離とは?


あなたは断捨離と聞くと、何をイメージするでしょうか。

おそらく世間一般的に断捨離とは、「ものを捨てること」というイメージが大半だと思います。

しかし、本質的には、自分の身の回りにある不要なモノ(物・人・事象)をカットして、モノへの執着を捨て去る

そして、心のゆとりを確保するという目的があります。

例えば、現在あなたが携わる環境や人間環境においても、実は心機一転して状況を変える必要があるかもしれないということ。

その結果、場面だけでなく、人生全体が好転することになり、断捨離はいわば心の掃除とも言える心理術なのです。

数の限定と分割がコツ!洋服を上手に断捨離する方法


自宅にある大量の荷物を処分したり、整理整頓が苦手な人の多くは、目の前にある物に対して「いつか使える」という考えが出てくるものです。

なので、まずは日々の生活で頻繁に使う衣類は、ごくわずかだということを認識しておきましょう。

それでは、具体的にクローゼットの洋服を断捨離していく方法を紹介していきます。

.収納から全ての衣類を取り出す

.季節ごとに洋服を分類

.服のカテゴリごとに枚数を限定する(アウターなら3枚、Tシャツなら5枚など)

.不要な服をどう処分するか決める

.服を処分し、断捨離完了

断捨離は、この手順で進めていくわけですが、それでもなかなか捨てきれないという場合は、以下の条件を設けてみましょう。

 

条件付けをして不要品を決める

 

・自分の体格に合っていない洋服

・1年間着ることのなかった洋服

・今の趣味とは違う洋服

・修復が難しい傷んだ洋服

これらの項目に該当する衣類は無条件で処分すると区切りをつければ、スムーズに断捨離が進行していくので、ぜひ試してみてください。

捨てる方の洋服だけに意識を置くのではなく、収納スペースに余裕を持たせるつもりで整理していくのもポイントです。

また、せっかく大規模な断捨離を試みても、時間が経てば元どおりとなれば意味がありません。

根本的に断捨離を実践するには、常に物の数を一定以上持たないように意識しておくのが秘訣です。

ミニマリズムを意識して断捨離をキープしよう!


断捨離とは違って、まだあまり浸透していない「ミニマリズム」と言う言葉。

かいつまんで言えば、最低限必要な物だけで生活を維持していくライフスタイルで、断捨離同様メンタルにポジティブな影響を及ぼす思想の一種です。

衣類におけるミニマリズムで言えば、

・新しく服を買ったら一枚古いものを捨てる

・欲しい洋服があれば3週間待つ

・似たような洋服がないか確認する

これらのようなルールがあれば、処分したプロセスも無駄になることはなく、常にゆとりのあるクローゼットを保っておくことができます。

 

さて、ここまで断捨離やミニマリズムの概念や方法をコンパクトにお伝えしてきました。

なので、ここからは具体的に洋服を処分する方法を紹介するわけですが、方法としては主に2つのパターンがあります。

洋服の断捨離は「売る」?「捨てる」?


洋服を処分する手段には4つあります。

それが、不要品回収・リサイクルショップ・フリーマーケット・買取業者の4つです。

それぞれの特徴としては・・・

 

不要品回収で洋服を処分

捨てるとなればまず初めに思いつくのが廃品回収や不要品回収だと思います。

住まいの付近にある業者へ依頼すれば、指定の日時にスタッフが自宅へ訪問して不要品を全て回収してくれます。

ただ、回収してもらうには最低でも数千円から時には数万円の費用がかかります。

わざわざ不要品を処分する上でお金をかけるのは効率が悪いので、選択肢からは外しておきましょう。

 

リサイクルショップで洋服を処分

洋服をリサイクルショップで買取してもらうのは、処分できる上にお小遣い稼ぎにもなるので、一石二鳥の手段と言えます。

しかし、リサイクルショップの多くは数十点以上の買取が基本で、重量単位で買取額が決定することもしばしば。

そうすると、せっかく過去に購入したブランドものの洋服やバッグも安値で買取されてしまう結果になります。

 

フリマアプリで洋服を処分

「メルカリ」や「フリル」など、最近話題になっているフリマアプリでも、洋服を売却して処分することができます。

ネックとしては、一点一点出品する手間がかかることですが、利用者が急増しているので、自宅にある洋服が全て商品となります。

時間に余裕があれば一度トライしてみるのも良いでしょう。

メルカリ公式ページへ

 

宅配買取業者で洋服を処分

 

最後に紹介する方法は、オンラインでの宅配買取です。

自宅にいながら処分できる上に、ブランドものならフリマやリサイクルの数倍の値段で買取取引するケースもあります。

一点一点出品するフリマアプリのような手間もかからず、想像以上の価格で売却するのも夢ではありません。

クローゼットで眠っていた洋服が思わぬ掘り出し物になるかも・・・?

古着買取王国公式ページへ

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ネットで多種多様な情報が出回っている中、できる限りシンプルに断捨離・整頓術を紹介させてもらいました。

こむずかしく考えず、このページで記載した内容を一つずつ実践してもらえれば、カンタンにクローゼットを生まれ変わらせることができます。


PAGE TOP